×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

(注記)

 

このページに掲載される各情報は、各ページ作成時に公表されている資料をもとにしています。

 

資料に関しては、すべての情報が利用可能な状況ではありません。

たとえば、東京電力並びに政府は、事故発生時から2011/03/12午前3時ごろまでのプラントに関するパラメーターをほとんど公開していません。 (2011/05/11現在)

もちろんこれには、技術的な理由もあるのですが、その他にも、誰にもわかっていない、見えていないこと等もまだまだたくさんあります。

 

2011/05/16 東京電力は訂正版のパラメーターを公開、さらに膨大なプラントデーターを公開しました。

 

 

また、作成者の知識並びに調査能力、理解力の限界があります。(この底は相当浅いものです。)

 

したがって、事故の要因、程度等については、未確定です。

正確な事故の要因、事故の拡大進行の過程、程度や影響等の確定には、法的な権限を持った正式な組織(事故調査員会等)の調査や捜査を待たなければなりませんし、相当の時間がかかるものと思います。

 

事故調査委員会には、事故の技術的な側面だけでなく、事故対応における、総理および政府並びに関与した政治家、専門家、各関連機関の果たした役割(プラス、マイナス両面)についても調査検証をしていただきたいと思います。

 

Sub Categories

This page is:
Main Category:  シミュレーションSPEEDI他 (SI)
Sub Category:
シミュレーションの話 (si)

 

シミュレーションの話
(si)
SPEEDI
(sp)
気象庁
(jma)

事故解析

(aa)

Cs137太平洋拡散簡易シミュレーション(ky)

Csシミュレーション1F沖合海域(ki)

 

 

Personal Interests Research and Data Storage

2011/06/09 

 

今回の事故において、いくつかのシミュレーションが話題になりました。

 

それらの用途は、大きく二つに分けられると思います。

 

1)将来予測の為の物

放射性物質の拡散の予想

 

2)既に起きた事象の分析のためのもの

原子炉内でどのよな事が起きたのかの解析

 

いずれにしても、一定のモデルを利用して、推定値を求めるものです。

モデルの精度により、結果の正確性(推定値(予測など)と、現実(実測値)との差)に違いはあるものの、

シミュレーションはあくまでシミュレーションです。

 

以下に、作成者のつたない知識で、おおざっぱにシミュレーションの話をしてみます。

 

 

これがシミュレーションです。

(というと、怒られるかもしれませんけど・・・

二つの物の関係をシンプルライナーリグレッションで求めたモデルはこんな感じになります)

 

ある物の値(X)から、別の物の値(Y)を推定します。

 

モデルは Y = aX  +  b  です。

 

モデルとは、実測値の分析(統計的な手法)や理論から求められた、XとYとの関係です。

(ただし、こうなるであろうとか、この辺になるんじゃないの・・・というものです)

 

このモデルでは、

事実として認識されている(知っているもしくは測れている)Xの値X1とX2から、

 

推定する値(知らない、これから起こる)Yの値Y1とY2が求めらています。

 

(当り前の事なんですが・・・・

もし、Y1やY2を知っているのであれば・・・・

このシミュレーションをやる必要はありませんよね)

 

 

 

もちろん、今回の事故に関して、話題になったり使用されたりした、

拡散予測システムや、解析コードはもっと複雑です。

 

ただ基本的なことは変わりません。

 

シミュレーションを行うには、

モデルに入力する値を知っている、もしくは入力する値を決めなけらばならない事。

 

そして、結果は、

あくまでモデルにより導き出されるもので、現実に起こるものと乖離があり得る事。

 

もし、現実の事態を知っているのならシュミレーションを行う目的は?、

モデリング(モデルを作る)やモデルの精度の確認の為になってしまいます。

 

 

Sub Categoriesでは、

それぞれのシミュレーションに触れていこうと思います。