×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

(注記)

 

このページに掲載される各情報は、各ページ作成時に公表されている資料をもとにしています。

 

資料に関しては、すべての情報が利用可能な状況ではありません。

たとえば、東京電力並びに政府は、事故発生時から2011/03/12午前3時ごろまでのプラントに関するパラメーターをほとんど公開していません。 (2011/05/11現在)

もちろんこれには、技術的な理由もあるのですが、その他にも、誰にもわかっていない、見えていないこと等もまだまだたくさんあります。

 

2011/05/16 東京電力は訂正版のパラメーターを公開、さらに膨大なプラントデーターを公開しました。

 

 

また、作成者の知識並びに調査能力、理解力の限界があります。(この底は相当浅いものです。)

 

したがって、事故の要因、程度等については、未確定です。

正確な事故の要因、事故の拡大進行の過程、程度や影響等の確定には、法的な権限を持った正式な組織(事故調査員会等)の調査や捜査を待たなければなりませんし、相当の時間がかかるものと思います。

 

事故調査委員会には、事故の技術的な側面だけでなく、事故対応における、総理および政府並びに関与した政治家、専門家、各関連機関の果たした役割(プラス、マイナス両面)についても調査検証をしていただきたいと思います。

 

Sub Categories

This page is:
Main Category: モニタリングと核種分析 (MO)
S
ub Category:  東京電力 地下トレンチたまり水核種分析 (ttkaku)

 

モニタリングと
核種分析
(mo)
東京電力
空気中ダスト
核種分析
(dast)
東京電力
海水
核種分析
(kaisui)

東京電力

土壌

核種分析

(dojyou)

東京電力
2、3号流出
核種分析
(ryuka)
東京電力
サブドレイン
核種分析
(subd)
東京電力
α,β核種
Pu,U,Am,Cm,Sr
核種分析
(oth)
東京電力
サーベイマップ
(smap)
 

東京電力

地下トレンチ

たまり水核種分析

(ttkaku)

東京電力

海底土壌
核種分析

(kaitei)

東京電力

原子炉建屋上部

核種分析 

(rbt)  

 

 

文部科学省他
(mext)

月間降下物(teiji) 

航空モニタリング(ap)

 

 

検出された

核種一覧

(list)

 
 
 
 

 

 

Personal Interests Research and Data Storage

2011/06/23

 

 

東京電力が行った、サンプリングしたタービン建屋地下たまり水並びに、トレンチのたまり水の(γ)核種分析です。

 

使用した元データは、確報値です。

確報値という分類については、モニタリングと核種分析(mo) を参考にしてください。

 

2011/06/18作成開始

6/23 情報追加更新

 

 

2011/04/20に発表された確報値です。

タービン建屋地下のたまり水

単位 Bq/㎤

1号機TB 3/24 1号機TB 3/26 2号機TB 3/26(1) 2号機TB 3/26(2) 2号機TB 3/27 3号機TB 3/24 3号機TB 3/26 4号機TB 3/24
I-131 2.10E+05 1.50E+05 1.30E+07 1.30E+07 1.30E+07 1.20E+06 3.20E+05 3.60E+02
Cs-134 1.60E+05 1.20E+05 2.30E+06 2.20E+06 3.10E+06 1.80E+05 5.50E+04 3.10E+01
Cs-137 1.80E+05 1.30E+05 2.30E+05 2.20E+06 3.00E+06 1.80E+05 5.60E+04 3.20E+01
Cs-136 1.70E+04 1.10E+04 2.50E+05 2.50E+05 3.20E+05 2.30E+04 6.50E+03 3.70E+00
La-140 3.00E+02   1.90E+05 1.80E+05 3.40E+05 9.10E+03 3.10E+03 4.10E-01
Ba-140     4.90E+05 4.90E+05 6.80E+05 5.20E+04 1.90E+04  
Tc-99m     3.00E+04 2.50E+04   2.00E+03 6.80E+02 6.50E-01
Y-91 5.20E+04              
I-132               1.40E+01
Te-129m               1.30E+01
Mo-99               1.00E+01
合計 6.19E+05 4.11E+05 1.65E+07 1.83E+07 2.04E+07 1.65E+06 4.60E+05 4.65E+02

 

トレンチたまり水

単位 Bq/㎤

1号機

トレンチ

3/29

2号機

トレンチ 

3/30

3号機

トレンチ 

3/30

5号機

トレンチ 

3/30

6号機

トレンチ 

3/30

I-131 5.40E+00 6.90E+06 2.00E+02 5.50E+00 1.60E+00
Cs-134 7.00E-01 2.00E+06 2.00E+01 1.00E+00 5.70E-01
Cs-137 7.90E-01 2.00E+06 2.10E+01 1.10E+00 5.80E-01
Cs-136 5.10E-02 1.80E+05 2.00E+00 8.90E-02 5.60E-02
La-140 7.70E-02 2.00E+05 1.10E+00   9.10E-03
Ba-140   3.70E+05 1.00E+00    
Tc-99m 1.90E-01 1.00E+04 8.30E-01    
Y-91          
I-132 1.80E+00   1.60E+00    
Te-129m 4.10E+00   2.70E+01 8.10E-01  
Mo-99          
Nb-95 4.70E-02   1.90E-01    
Te-132       2.50E-01 5.60E-02
合計 1.32E+01 1.17E+07 2.75E+02 8.75E+00 2.87E+00

 

集中環境施設 プロセス主建屋 地下たまり水

単位 Bq/㎤

採集場所 採集日

管理区域

3/28

非管理区域

3/28

I-131

8.70E-01

6.30E+00

Cs-134

4.40E+00

2.70E+00

Cs-137

4.40E+00

2.80E+00

Cs-136

4.70E-01

2.90E-01

La-140

1.30E+00

2.20E-01

Ba-140

4.50E-01

3.00E-01

合計

1.20E+01

1.30E+01

 

2011/05/22に公表された分析結果です。

JAEAによる分析の一部

採集場所 採集日

1号機TB

3/24

2号機TB

3/27

3号機TB

3/24

4号機TB

3/24

 

Sr-89 Sr-90 4/13時点への換算値

Sr-89

(約50日) Bq/ml

5.7E+01

7.0E+05

8.6E+04

<0.13

Sr-90

(約29年) Bq/ml

2.1E+01

1.4E+05

1.5E+04

<0.13

 

 

 

 

 

 

10倍希釈液分析

からの換算

20倍希釈液分析

からの換算

10倍希釈液分析

からの換算

原液

全α放射能

Bq/ml

<3.7E-1

<7.4E-1

<3.7E-1

<5.9E-2

全β放射能

Bq/ml

2.8E+05

6.8E+06

5.2E+05

2.6E+02

 *** 全βはCsが出すβ線を拾ってしまうので、大きな数字になっているそうです。

(γ線から測定した同一サンプルのCsの値は以下のとおり)

Cs134+Cs137 2.8E+05 6.4E+06 4.0E+05 4.2E+01

 

発表資料では、

油分や塩素、pHなども公表されています。

主な金属元素しては、

Na, Mg, K, Ca, Fe, Ni, S, が検出され濃度も公表されています。

イオンとして、 Cl やSO₄ が検出され濃度も公表されています。

ご興味のある方は、資料をご覧ください。

 

 

2011/06/07に発表された確報値です。

3,4号機T/B建屋 地下たまり水 4/21-22採取分

単位 Bq/㎤

採集日

3号機 T/B

電気品室

4/22

3号機 T/B

大物搬入口側

4/22

4号機 T/B

 4/21

   

I-131

1.2E+05

6.6E+05

4.3E+03

Cs-134

2.7E+05

1.5E+06

7.8E+03

Cs-137

7.7E+03

4.4E+04

2.4E+02

Cs-136

2.8E+05

1.6E+06

8.1E+03

Ba-140

1.8E+04

9.6E+04

6.0E+02

La-140

1.7E+04

9.3E+04

4.8E+02