×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

(注記)

 

このページに掲載される各情報は、各ページ作成時に公表されている資料をもとにしています。

 

資料に関しては、すべての情報が利用可能な状況ではありません。

たとえば、東京電力並びに政府は、事故発生時から2011/03/12午前3時ごろまでのプラントに関するパラメーターをほとんど公開していません。 (2011/05/11現在)

もちろんこれには、技術的な理由もあるのですが、その他にも、誰にもわかっていない、見えていないこと等もまだまだたくさんあります。

 

2011/05/16 東京電力は訂正版のパラメーターを公開、さらに膨大なプラントデーターを公開しました。

 

 

また、作成者の知識並びに調査能力、理解力の限界があります。(この底は相当浅いものです。)

 

したがって、事故の要因、程度等については、未確定です。

正確な事故の要因、事故の拡大進行の過程、程度や影響等の確定には、法的な権限を持った正式な組織(事故調査員会等)の調査や捜査を待たなければなりませんし、相当の時間がかかるものと思います。

 

事故調査委員会には、事故の技術的な側面だけでなく、事故対応における、総理および政府並びに関与した政治家、専門家、各関連機関の果たした役割(プラス、マイナス両面)についても調査検証をしていただきたいと思います。

 

Sub Categories This page is:
Main Category: 事故経緯とパッシブフェーズ (AP)
Sub Category:
犠牲者・負傷者等(hd)

 

東日本大震災と
事故発生
(hnda)

Unit1
1号機
(u1)

1号機タイムライン

Unit2
2号機
(u2)

2号機タイムライン

Unit3
3号機
(u3)

3号機タイムライン

Unit4
4号機
(u4
)

4号機タイムライン

Unit5
5号機
(u5)

5号機タイムライン

Unit6
6号機
(u6)

6号機タイムライン

プラントパラメーター

(pp)

各号機と共用
使用済燃料プール乾式キャスク
(pool)

炉心損傷
(cd)

トレンチからの
高濃度汚染水流出
(ryu)

低濃度汚染水の
放出
(hou)

トレンチ並びに
建屋汚染水
(tto)

火災等
(fi)

犠牲者・負傷者等
(hd)

 

 

Personal Interests Research and Data Storage

2011/09/03

03/11の発災後から、福島第一原子力発電所の事故並びに、復旧収束活動の過程での人的被害について、こちらのページに記載しておこうと思います。

 

関係者の被ばくの状況については、別のページで扱う予定です。

 

 

03/11

2名 協力企業 怪我で病院へ搬送(内1名が骨折)

 

 

03/12

2名 東電社員 発電所構内で所在が不明であることが判明

(3/30 4号機タービン建屋地下1階で、2名が発見され、4/2までに死亡を確認。 津波の侵入による溺死)

(東京電力の施設では、

3/11 2Fで、排気筒の耐震工事中の協力企業のクレーンオペレータの方が1名 

3/11 常陸那珂火力発電所で、排気筒の足場とりつけ作業中の協力企業の方4名

が、地震発生により命を落とされています。)

 

 

1名 東電社員 左胸を押さえて立てない状態 病院へ搬送

 

1名 協力企業 免振重要棟近傍で意識を失う 病院へ搬送

 

4名 () 1号機の爆発に伴い、負傷 病院へ搬送

 

1名 東電社員 ベント作業で、106.3mSvの被ばく後、体調不良を訴え、オフサイトセンターで専門医の診察を受ける (1Fの産業医不在)

 

 

03/13

2名 東電社員 1,2号機中央制御室での全面マスク着用作業中に不調を訴え、産業医の診断を受けるため2Fに搬送

 

 

03/14

11名 (自衛隊4、協力企業3、東電社員4) 3号機爆発に伴い負傷 2Fに搬送

(内1名が、16日に再度脇腹痛を訴えため自衛隊ヘリで、病院へ搬送)

 

 

03/22

2名 (おそらく協力企業) 共用プールで仮設電源版設置作業中 負傷(別々に発生) 2Fへ搬送

 

 

03/24

3名 協力企業 3号機タービン建屋1階および地下においてケーブル施設作業中 汚染水に足をつける。 約170mSv以上の線量確認 内2名を病院へ搬送 残り1名も病院へ移動。 3/25に、3名とも放射線医学総合研究所(放医研)で、詳しい診察・経過観察を受ける。 3/28 3名とも退院。

 

 

04/07

1名 (おそらく協力企業) 構内北側の土捨て場で、土嚢づくり中に体調不良を訴える Jビレッジ経由で病院へ搬送 「脱水、一過性意識消失」と診断

 

 

04/09

1名 協力企業 水処理建屋で全面マスク着用でケーブル処理作業中、気分が悪くなる。 建屋外に出たあと、蓋のずれたいたマンホールに足を踏み入れ負傷。 病院へ搬送

 

 

04/10

1名 協力企業 2号機ヤードにおいて排水ホースの施設作業中 気分が悪くなり 病院へ搬送

 

 

05/05

1名 (おそらく協力企業) 西門外側駐車場で、仮設休憩所組立作業中、脚立より落下して負傷 病院へ搬送

 

 

05/14

1名 協力企業 集中環境施設で、排水関連作業(機材搬送作業)中 気分が悪くなり 病院へ搬送

 

 

05/23

1名 (おそらく協力企業) サイトバンカ建屋1階大物搬入口で、処理水タンクの荷降ろし中、左手負傷 病院へ搬送 「左母指挫滅創」

 

 

05/31

1名 協力企業 集中廃棄物処理施設で、ケーブル施設作業中、右手の指を負傷、Jビレッジ経由で病院へ搬送

 

 

06/04

1名 協力企業 集中廃棄物処理施設プロセス主建屋1階で、滞留水回収作業中、体調不良を訴える。 病院へ搬送

 

 

06/05

2名 協力企業 発電所構内で電源ケーブル施設作業中 体調不良を訴える(個別に発生) 病院へ搬送

 

 

06/06

1名 協力企業 集中環境施設焼却工作建屋で、セシウム吸着装置の水張り作業中、足を滑らせ左胸部を負傷

病院へ搬送 「脾臓損傷、肋骨骨折」

 

 

06/24

1名 協力企業 正門付近で仮設タンクの設置作業中、体調不良を訴える。 病院へ搬送

 

 

07/18

1名 協力企業 発電所展望台入口付近(当初は、正門駐車場付近と発表)で、光ケーブル接続作業中、電柱から落下して負傷。 病院へ搬送 「右橈骨遠位端骨折、左橈骨頭骨折、左肘内側則副腎靱帯損傷」