×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

(注記)

 

このページに掲載される各情報は、各ページ作成時に公表されている資料をもとにしています。

 

資料に関しては、すべての情報が利用可能な状況ではありません。

たとえば、東京電力並びに政府は、事故発生時から2011/03/12午前3時ごろまでのプラントに関するパラメーターをほとんど公開していません。 (2011/05/11現在)

もちろんこれには、技術的な理由もあるのですが、その他にも、誰にもわかっていない、見えていないこと等もまだまだたくさんあります。

 

2011/05/16 東京電力は訂正版のパラメーターを公開、さらに膨大なプラントデーターを公開しました。

 

 

また、作成者の知識並びに調査能力、理解力の限界があります。(この底は相当浅いものです。)

 

したがって、事故の要因、程度等については、未確定です。

正確な事故の要因、事故の拡大進行の過程、程度や影響等の確定には、法的な権限を持った正式な組織(事故調査員会等)の調査や捜査を待たなければなりませんし、相当の時間がかかるものと思います。

 

事故調査委員会には、事故の技術的な側面だけでなく、事故対応における、総理および政府並びに関与した政治家、専門家、各関連機関の果たした役割(プラス、マイナス両面)についても調査検証をしていただきたいと思います。

 

Sub Categories This page is:
Main Category: 事故経緯とパッシブフェーズ (AP)
Sub Category:
低濃度汚染水の放出 (hou)

 

東日本大震災と
事故発生
(hnda)

Unit1
1号機
(u1)

1号機タイムライン

Unit2
2号機
(u2)

2号機タイムライン

Unit3
3号機
(u3)

3号機タイムライン

Unit4
4号機
(u4
)

4号機タイムライン

Unit5
5号機
(u5)

5号機タイムライン

Unit6
6号機
(u6)

6号機タイムライン

プラントパラメーター

(pp)

各号機と共用
使用済燃料プール乾式キャスク
(pool)

炉心損傷
(cd)

トレンチからの
高濃度汚染水流出
(ryu)

低濃度汚染水の
放出
(hou)

トレンチ並びに
TB建屋
汚染水
(tto)

火災等
(fi)

犠牲者・負傷者等
(hd)

 

 

Personal Interests Research and Data Storage

2011/06/01

6/18 情報追加

 

 

2011/04/04

東京電力は、集中廃棄物処理施設と、5.6号機サブドレインから、

汚染水を放出しました。

 

東京電力は、これらの汚染水を低レベルと分類しています。

(内部的には、低、中、高の3段階にレベル分けしているそうです)

 

概要

 

放出期間と放出量

 

放出期間

放出量(㎥)

集中廃棄物処理施設

4/4  19:03 -  4/6 6:30

4/6 18:00 - 4/8 22:20

4/8 23:45 - 4/10 17:40

9,070

5号サブドレイン

4/5 17:20 - 4/8 12:14

950

6号サブドレイン

4/4 21:00 - 4/9 18:52

373

 

放出放射性物質(単位: Bq/㎤)

 

I-131

Cs-134

Cs-137

集中廃棄物処理施設

(非管理区域側)

6.3E+00

2.7E+00

2.8E+00

集中廃棄物処理施設

(管理区域側)

8.7E-01

4.4E+00

4.4E+00

集中廃棄物処理施設の総量計算は、それぞれの高いほうを(アンダーライン)が使用されました。

5号サブドレイン

1.6E+00

2.5E-01

2.7E-01

6号サブドレイン

2.0E+01

4.7E+00

4.9E+00

 

放出された、放射性物質の総量(単位: Bq)

 

I-131

Cs-134

Cs-137

合計

集中廃棄物処理施設

5.7E+10

4.0E+10

4.0E+10

1.4E+11

5号サブドレイン

1.5E+09

2.4E+08

2.6E+08

2.0E+09

6号サブドレイン

7.5E+09

1.8E+09

1.8E+09

1.1E+10

合計

6.4E+10

4.2E+10

4.2E+10

1.5E+11

 

放出後のモニタリングについては、

Main Category: モニタリングと核種分析 (MO)
Sub Category: 
東京電力 海水核種分析 (kaisui)

をご覧ください。

 

放出は、放水口並びにその外側(防波堤の外側)に行われています。

トレンチからの高濃度汚染水の流出は、開渠の内側です。)

 

 

 

詳細

 

放出は2つの場所から行われていて、それぞれに理由も異なります。

 

集中廃棄物処理施設側

(画像をクリックすると大きくなります。)

syuucyu.jpg (222877 バイト)

集中廃棄物処理施設

プロセス主建屋、サイトバンカ建屋、焼却工作室建屋、

雑固体廃棄物減容処理建屋(保安院は高温焼却炉建屋と呼んでいる)

の4つの建屋で構成

 

福島第一原子力発電所のタービン建屋地下には、大量の汚染水があることが認識されていました。

特に2号機の汚染水は高濃度で、I-131で1.3E+07(Bq/㎤)というレベル。

 

また、放出に先立つ04/02には、その2号由来の高濃度汚染水がトレンチから海側へ流出。

なかなか止水ができないという状況にありました。

(詳細はトレンチからの高濃度汚染水の流出で)

 

これらの、汚染水をより安定して保管することが求められていました。

 

他の手段がない(仮設のタンク(高濃度の物を受け入れる事が可能なもの)が間に合わない)という事で、

 

廃棄物処理施設に侵入していた水を外部に放出し、

廃棄物処理施設をタンク代わりに使うことが決まります。

 

(おおざっぱに言うとI-131で5,000,000倍ぐらい濃度差(1cc対5,000L)のトレードでしょうか・・・)

 

 

ただし、低濃度と言われても、汚染水を施設外に意図的に出すことになります。

 

法的な位置づけと手続き

 

放出の行為自体は

原子炉等規制法第64条1項に基づく危険時の措置

(法的な意味での緊急避難)

 

2011/04/04

放出に関して保安院は

原子炉等規制法第67条に基づき、

放出前に東京電力に報告を求めました。

(海洋放出に係わる事実関係: 影響の評価、放出についての考え方等)

 

このとき保安院の検査官は1Fにいて事態を把握しています。

東京電力からの報告を受け、保安院は原子力安全委員会の助言も受けてやむを得ないと判断。

 

同時に、海洋モニタリングの強化、情報公開、放出量を可能な限りの低減を指示

 

準備が出来次第、放出となりました。

(このプロセスは、5,6号機のサブドレインの汚染水に関しても同じで、一つの手続くきとして行われました。)

 

 

 

04/04 午後7時準備が出来たため放出を開始

(画像をクリックすると大きくなります。)

houcent.jpg (50649 バイト)

集中廃棄物処理施設側からの放出イメージ 東京電力資料

 

放出時間、放出量は概要を参考にしてください。

 

 

 

5号、6号サブドレインからの放出

(画像をクリックすると大きくなります。)

u56.jpg (200569 バイト)

5号機、6号機

 

5号機、6号機のサブドレインは、事故発生後、排水が停止。

 

(備考)

サブドレインは、建屋周りの地下水を受け、それを排水することで、

建屋への浮力や、建屋への地下水の侵入を防ぐのが目的の施設です。

5,6号機側はもともと地下水が多く出る場所のようです。

 

排水が出来ていなかったため、地下水が原子炉建屋、タービン建屋に侵入、

安全確保上重要な設備が水没する危険がありました。

(建屋内には、津波の水も浸入していたようです。)

 

 

こちらも、低濃度と言われても、汚染水を施設外に意図的に出すことになります。

 

法的な位置づけと手続

 

放出の行為自体は

原子炉等規制法第64条1項に基づく危険時の措置

(法的な意味での緊急避難)

 

2011/04/04

放出に関して保安院は

原子炉等規制法第67条に基づき、

放出前に東京電力に報告を求めました。

(海洋放出に係わる事実関係: 影響の評価、放出についての考え方等)

 

このとき保安院の検査官は1Fにいて事態を把握しています。

東京電力からの報告を受け、保安院は原子力安全委員会の助言も受けてやむを得ないと判断。

 

同時に、海洋モニタリングの強化、情報公開、放出量を可能な限りの低減を指示

 

準備が出来次第、放出となりました。

(このプロセスは、集中廃棄物処理施設の汚染水に関しても同じで、一つの手続くきとして行われました。)

 

04/04 21:00から6号機の放出

04/05 17:20から5号機の放出

(画像をクリックすると大きくなります。)

hou56.jpg (63167 バイト)

5,6号機サブドレイン 東京電力の資料に手を加えています

 

放出時間、放出量は概要を参考にしてください。

 

 

何を守ろうとしたのか?

 

5,6号機も津波に被害を受けています。

 

5号機は2台のDGが機能を失います。 

またタービン建屋2階にあった2つのパワーセンター以外が被害を受けて、機能を失いました。

 

6号機は、ディーゼル発電機建屋1階にあったDG1台(DG6B)が生き残り。(1Fで唯一生き残ったDGです)

原子炉複合建屋(C/S)地下一階にあったメタクラ(MC6D)も生き残ったため電源供給が出来ていました。

 

5号機側は、3/13か順次仮設のケーブルを6号機側から接続し必要な機器を動かします。

 

3/19 6号機の(DG6A)の修理が終了。

3/20 5、6号機とも冷温停止。

3/21 外部電源が復旧。

(原子炉水温などは、プラントパラメーターをご覧ください。)

(画像をクリックすると大きくなります。)

u5d.jpg (61071 バイト)

u6d.jpg (65558 バイト)

5号断面図 原子力災害対策本部資料

6号断面図 原子力災害対策本部資料

e56.jpg (78228 バイト)

5、6号機所内電源設備

水色は津波の被害を免れ、オレンジは部品交換により受電

東京電力資料に手を加えています

 

ほとんどの電源設備(常用・非常用メタクラ、常用・非常用パワーセンター等)は、

タービン建屋、原子炉複合建屋、コントロール建屋の地下1階にありこれを失うわけにはいかなかったという事です。

 

5/30に公開された、溜まり水マップでは、5、6号機の浸水状況がわかります。

(画像をクリックすると大きくなります。)

5rb.jpg (85211 バイト)

5tb.jpg (91763 バイト)

5号機R/B 東京電力資料

5号機T/B 東京電力資料

6rb.jpg (85711 バイト)

6tb.jpg (121275 バイト)

6号機R/B 東京電力資料

6号機T/B 東京電力資料

 

2011/05/01から6号機のタービン建屋から仮設タンクへの移送が始まり、

05/10には、6号原子炉建屋から6号機廃棄物処理建屋へ水を移送を開始いています。

詳しくは、トレンチ並びに TB建屋 汚染水 (tto)をご覧ください。